Buchaiku Diary


素晴らしき buchaiku な日々。
by chi_kura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のコメント
chi_kura ♡Profile
趣味 空想
小学校5年で芝居の勉強を始め、役者の世界に入る。18才からは、舞台を中心に活動。
その後、なぜか
フリーのラジオディレクターとなる。

〜・〜・〜・〜・〜・
思い出は、優しく、     
記憶はせつない。       
いつか、
記憶からこぼれる日が
来たら、
あなたへの想いも、      
記す事が
出来るのかな…。    

なんてね。







お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:想像( 20 )


日常と非日常。


非日常の存在が、
日常の空間に入ったとする。
そのこと事態は、嬉しいことでも、
また、日常に戻った時の寂しさが倍増するのだとしたら、
日常の空間に入ることを戸惑う。
それは、ただの臆病者?
[PR]

by chi_kura | 2008-04-21 00:07 | 想像 | Comments(0)

だだをこねる。

思い切り言ってみた。
今回は、言ってみた。
あの時のあなたのように…。
大人な自分は、置いといて、
後先考えずに、
だだこねてみるのです。
だって、人の人生を行きている訳ではないから…。
受け入れてもらえなくても、
伝えたい。
ただのわがままだけどもね。
はみ出してしまう感情をぶつけるのは、乱暴なやりかただけど。
幼稚な私も見ていて欲しい。
[PR]

by chi_kura | 2008-02-15 02:13 | 想像 | Comments(0)

時計じかけ

夜、二子玉川駅、246。

あの日、タクシーを降りた場所。

思わず、後ろを振り返ってみる。

居るはずもないのに…。

息を深く吸って、ゆっくりと吐き出す。

ふらっと、くずれそうになるのを久しぶりに感じた。

決して、嫌な感覚ではなく、せつなくて、心が揺れるのを確かめるような感覚。

たまたま、通っただけなのに…
時間が、一瞬にして、あの日に巻き戻されて、
再び、また引き戻された。

まだ、感性は錆びてない。そう感じた。
[PR]

by chi_kura | 2008-01-21 23:42 | 想像 | Comments(0)

カタチノナイモノ。

ただそこに存在している。

ただ、ここに存在している。

すきとか、あいしてるとか

ひとことで表せないキモチ。

カタチある贈りものは、何もない。

ふわふわした目に見えない贈り物。

消えないいくつものふわふわ。

あいまいなのに確実に残る想いという贈りもの。
[PR]

by chi_kura | 2007-10-08 23:57 | 想像 | Comments(0)

愛しい人よ。

あなたの
吐息くらいのしあわせがあれば
生きていけると思っていた。

でも、そんなに強くないから、

この手をはなさないで
ひとりでは、落ちていけない。

[PR]

by chi_kura | 2007-03-21 00:06 | 想像 | Comments(1)

ONLY LOVE

女の子は、18才の時、恋をしました。
この曲を聞くと、思い出すような恋でした。


Only Love 胸にいつも願う 涙が消えるように
Only Love きっと おまえだけは ひとりには しないさ

濡れた 街灯り 傘も 投げ捨てて
駅まで 追いかけてきた おまえが 揺れている
それは 神様でも たぶん 知らなかった
ほんとの幸せなんて どこにでもあるのさ

Only Love 夢にいつも願う こころの瞳をひらいて
Only Love ずっとおまえだけを どんなときも見てる

いつか 約束した 海も行けなかった
かなえてやれることなんて 何もない気がした
とても 悲しかった 愛が 悲しかった
笑顔に 代わるものなど ないとわかるまで

Only Love 胸にいつも願う 涙が消えるように
Only Love きっと おまえだけは ひとりには しないさ

Only Love 夢にいつも願う こころの瞳をひらいて
Only Love ずっとおまえだけを
どんなときも見てる
どんなときも見てる
おまえだけが My Love

[PR]

by chi_kura | 2007-02-10 22:09 | 想像 | Comments(0)

午前1時11分。

これも自分で、あれも自分。

いつからだろう。

守りに入ったのは…。

良いのか、悪いのか、

正しいのか、間違っているのか、

らしいのか、らしくないのか、

わかるのは、いつだろう。
[PR]

by chi_kura | 2007-01-31 01:11 | 想像 | Comments(0)

心の中で想うコト。

同じ空の下で、存在しているから、
強くいられる。
笑顔でいたらそれで良い。
[PR]

by chi_kura | 2007-01-13 01:38 | 想像 | Comments(0)

ありがとう。

魂のきれいさには、かなわない。

そう思いました。

とても大切なこと気付かせてくれて、

ありがとう。

ずるい事に慣れるのが、大人になる事ではないのです。
濁らないように。。
[PR]

by chi_kura | 2006-05-30 16:47 | 想像 | Comments(0)

コトバノメモ。

栄養分のない土に、花は咲かない。
心も同じ、豊かでなければ、感じない。

感じにくい心にならないように、していたい。
いつも、感じられるようにしていたい。

そう思います。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-23 00:33 | 想像 | Comments(0)