Buchaiku Diary


素晴らしき buchaiku な日々。
by chi_kura
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のコメント
chi_kura ♡Profile
趣味 空想
小学校5年で芝居の勉強を始め、役者の世界に入る。18才からは、舞台を中心に活動。
その後、なぜか
フリーのラジオディレクターとなる。

〜・〜・〜・〜・〜・
思い出は、優しく、     
記憶はせつない。       
いつか、
記憶からこぼれる日が
来たら、
あなたへの想いも、      
記す事が
出来るのかな…。    

なんてね。







お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


滝の湯。

昭和5年に建てられた瓦屋根の銭湯。
鎌倉の御成町にある滝の湯は、
壊されて、駐車場になります。
今日は、そんな滝の湯の中で、
フィナーレとして、
クラッシックコンサートが開かれました。

滝の湯の中は、
今後も、銭湯の建物は、そのままに、ギャラリーやライブ会場や、
カフェなどとして、利用すれば良いのに、と思わせる空間。
だけど、現実は、土地の権利問題など、色々と大変なのだそう。

街の風景は、こうやって、移り変わっていくのですね。

この瞬間に立ち会うことが出来て、良かった。

帰りに、下駄箱の札を頂いた。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-29 19:02 | 日記 | Comments(0)

ふたりの芸術家。

今日は、ふたりの芸術家に出会いました。

1人は、箱根寄木細工の職人さん。
1時間くらいのお話しで、おとうさんの生きざまを教えてもらった。
そのおとうさんしか作る事ができない「秘密箱」(からくり箱)があるのだとか。
お話しをしていると優しいおとうさん。
仕事が始まると、すごい集中力で、真剣な顔になった。
ごつごつしてた職人さんの手をしていた。かっこよい。

もう一人は、画家Tさん。
仕事の合間にふらりと入ったカフェに、Tさんはいました。
(カフェのオーナーでもあります。)
そのカフェは、Tさんの秘密基地のような場所。
山の中にある秘密基地は、Tさんがひとりで、作ったのだそう。
暖炉の炎をみながら、飲むコーヒーは、贅沢で、
時間がゆっくりと流れました。

このカフェのお話しは、また今度書きます。

ふたりとも貫く生き方が魅力的でした。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-27 23:58 | 日記 | Comments(0)

芸術は爆発だ。

取材で、岡本太郎美術館に行きました。

生田緑地の中にあるので、
美術館への道のりは、木々の緑を楽しみながら歩く事ができます。
本当に、素敵な場所なんです。

美術館の中は、岡本太郎さんが作った椅子が並べてあって、
そのすべてに座る事ができます。まさに、体験/体感するアート。

座ると、安心する『手の椅子』。
大好きな作品です。

岡本太郎美術館は、今日で2度目。
1度目は、プライベートにひとりで。
その時、感じたのは、
絵画などの芸術は、
理屈ではなく、斜にかまえて観るものではなく、
真っすぐに、正面から観て、楽しいと感じられるもので良いと言う事。
理屈ではなく、笑顔になったり、生きるパワーを感じたり、それで良い。
岡本太郎さんの作品は、それをストレートに感じる事が出来る。

作品は観る人を選んでいない。
観る人が、好きか嫌いか、それだけ。

楽しむとは、笑うだけでなく、泣きたくなるようなものだったり、
前に動かされる事だったり、作品によって違うと思うけど、
とにかく、理屈ではないんですよね。

1回めに行った時に、感じた想いは、
2回めの今日でも、また、感じる事が出来る。

絵って、不思議です。

岡本太郎さんは、絵だけでなく、本もたくさん書いていて、
その内容も、とても面白い。
ミュージアムショップで、1冊購入。
「自分の中に毒を持て」岡本太郎著

このタイトルを言ったら
「それ以上毒を持ってどうするの?」
と友人3人に言われた。
毒のある人、悪くない表現だ。そう思う事にする。

でも、この本、そういう内容でもないのです。
真剣に生きろ!!
芸術は、爆発だ!!そんな感じの本です。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-26 23:41 | 日記 | Comments(0)

集中。

作家になりたかったら、書けなくても、毎日、原稿用紙を机の上に置き、
その前に座る。
何かの本に書いてあった。

今、仕事以外の時間に、集中してやりたい事があります。
そろそろ、集中しなくちゃ。
時間は無限にあるわけじゃないのだからね。

写真は、ちょっとおしゃれな耳栓。
目が疲れるように、音のある場所にずっといると耳が疲れるので、
耳休めの為のGOODS。音質を変えずに音量を下げるという売り文句。
集中したい時にも良いかも。
c0020478_1212356.jpg

[PR]

by chi_kura | 2006-04-25 23:58 | 日記 | Comments(0)

仕事場。

この4月から、スケジュールが変わって、
わりと、めりはりのある生活になったように思います。
仕事のペースもより自分に合わせられるようになって、
良い感じです。
そして、今日は、月いちの収録の日。
久しぶりに、3月まで、毎週通っていた放送局に行ったのですが、
そこは、何ごとも無かったかのように、前と同じように、動いていて、
不思議な感覚でした。
それは、取り残されているという感覚ではなく、
テンポの違いを楽しんでいるとでも言うのかしら。
今の自分とのスピードの違いを楽しむ感じとでも言うのかな。

でも、そこに行けば、行動や思考のスピードを早める事も出来ている自分が居て、
それも苦ではなく、
一瞬、どちらのテンポが、自分には、心地良いのだろうか?なんて
考えてみたりして、、、。

本当は、おっとりマイペースだったのだから、スローな生活が心地良いに決まってる。
なんて、思い込んでたけど、
そうでもなかったのかな?
バランスなのだわ。きっと。メリハリ。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-24 00:40 | 日記 | Comments(0)

コトバノメモ。

栄養分のない土に、花は咲かない。
心も同じ、豊かでなければ、感じない。

感じにくい心にならないように、していたい。
いつも、感じられるようにしていたい。

そう思います。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-23 00:33 | 想像 | Comments(0)

アースデー&葉山芸術祭

今日は、アースデー。
次の世代に繋げる為に、何が出来るのだろう?

ひとりひとりが、自分だけやっても無意味とは思わずに、
当たり前の事をきちんと行っていけば、
気持ちの良い生活環境が、少しは維持出来るのかもしれない。
道ばたでポイ捨てする人を見て、思うのは、
この人は、自分の家でも同じようにポイ捨てするのだろうか?
道ばたは、自分の家の中ではないから、捨てても平気なのかしら?って、
地球も自分の家と考えたら、しないのでは?
地球は家なのに…。その事に気付かないとって思います。

そして、もうひとつ、今日から、葉山芸術祭がスタート!!
葉山にあるギャラリー/アートスペース/アーティストのお家などで
アートな催しものが、行われるのです。
凄い!すごい!街ぐるみでアートを楽しんじゃうなんて、
5月14日まで、葉山の至る所で、開催。
今日は、逗子在住の女性5人の作品展「生活の中のアート展」を見ました。
作品を見ていたら、創作意欲が沸いてきた。
時間を作って、描かなくては。続けることが大切なのだ。

今日のしめは、鎌倉で「キャンドルナイト」
キャンドルアーティストと写真家とパン教室の先生のコラボレーションイベント。
手作りパンとワインを頂きつつ、キャンドルの優しい炎と写真を楽しみました。
偶然にも、P.Jさんのお知り合いとお会いしました。
不思議ですね。好きなものを辿っていくと、繋がっていくんです。
自然と。無理をしなくても。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-22 00:02 | 日記 | Comments(0)

取材→想像→岩盤浴

仕事でBMWのショールームに行きました。
受付けの女性の立ち居振る舞いが、エレガントで、ステキ。
ちょっと仕草を真似てみたりして。。
ショールームには、きらきらの新車がずらっと並んでいて、
大きい宝石箱のよう。

昔から、私のBMWのイメージは、
品のよい、若く見えるおじさまが乗っている車、
もしくは、ゴルフ好きなさわやか30男子。
実際、そういう人が乗っているかは、わからないけど、
そういう人が乗っていたら、似合うだろうなぁって、勝手なイメージ。

車をじっと見ていたら、もし、私が買うなら〜なんて、想像してみた。
新車は奇麗で乗りやすそうだけど、
デザインは、やはり、ある程度、年代ものの方が好みです。
どこの会社の車でも、なぜか、昔の型の方がかっこ良く見えてしまいます。

昔、父がMGの古いのに乗っていたんだけど、
私もいつかは、乗ってみたいと思っています。
品があって、可愛らしくて、かっこよい。
憧れの車です。

その前に、ボロボロの中古車で、練習して、
ペーパーから脱出しなくてはいけないのだけど…。

ルパン三世の車も乗ってみたいなぁ。
最近では、竹内結子ちゃんがCMで乗っている水色のボルボも可愛いなぁって、
でも、大きい車は、無理かな?
フィアットだったら、乗りこなせそうかも。

いつかは、マイカーでドライブ♪したいな♪

取材後、だいすけの岩盤浴へ。
仕事の後の岩盤浴は、お休みの日に入るのとは、
また違って、これまた、良い気持ち。
時間を忘れて、寝そうになった。

今日も一日お疲れ様!!
[PR]

by chi_kura | 2006-04-20 23:10 | 日記 | Comments(0)

お仕事で美術館。

取材で、葉山にある、神奈川県立近代美術館に行ってきました。
誰もいない館内で、田淵安一氏の作品を観ました。
現在85才の現役の画家。
日本人でありながら、フランスで認められた画家。
その作品は、日本人のスピリットがきちんと軸にあって、
モダンで、そして、純粋で、
とっても、良い刺激になった。
出来る事なら、
もっと、ゆっくり、一日かけて、観たかった。

c0020478_0352988.jpg

神奈川県立近代美術館は、海に面して建てられている美術館。
館内からは、海を見る事が出来る。
一日の時の流れを感じながら、作品を見つめられる贅沢な美術館。
アートって良いものだと、あらためて感じた。
生活の中には、音楽と同じにアートもなくてはならないものだと思う。

ミュージアムショップで、またもや買ってしまった。
今回は、水彩色えんぴつ。
c0020478_0354730.jpg

[PR]

by chi_kura | 2006-04-18 23:22 | 日記 | Comments(0)

あまやかす。

昨日からの頭痛に今日も悩まされています。

今日は、オフなので、オフにしたので、

気分が良くなるまで、ベッドの中で、自分を甘やかす事にしました。

あきらめると言うのも、時には、大切。

夕方、なんとか、回復。

湯船に浸かって、さらに、回復。

元気になったので、やっぱり、少しだけお仕事。

明日は、早いので、今日は、早めに寝よう。
[PR]

by chi_kura | 2006-04-17 23:39 | 日記 | Comments(0)