やっと繋がった。

昨日から、
パソコンのネットワークがうんともすんとも言わなかったんだけど、

色々試してみたら、復活しました。

ほっ。

メールやインターネットが出来ないって、
こんなに、お仕事が進まないことなんだと、
ちょこっと、びっくりしています。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-29 13:32 | 日記 | Comments(1)

雑貨屋さん。

お誕生日プレゼントを買いに、
雑貨屋さんへ行きました。

プレゼントは、決めてあったので、
即、お会計。
ラッピングしてもらっている間に、ほかの商品を見ていたら、
かわいい店員さんが、

その手帳は、とても便利なんですよ。って、
私が手に取っていた手帳の説明をしてくれた。

とても、優しいトーンで、押し付けがましくなく、
すぅ〜っと、説明して、すぅ〜っと、いなくなった。

手帳を探していた私は、早速、大小2冊をお買い上げ。
もちろん気に入ったから、買ったんだけど、
彼女の接客が、なかったら、2冊は、買わなかったかも。

お買い物を気持ちよくさせてくれた彼女に感謝。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-28 23:59 | 日記 | Comments(0)

ちょこっとの毒。


爽やかすぎる人、ちょっと苦手かも。
人って、たぶん、かなり、毒な生き物。
どんなに良い人でも、毒な部分は、持っていると思う。

鏡を見ているときに、たまに、思う。
人間の顔の皮膚の下は、醜いかたちをしているのでは?と、
それが、見える眼鏡があったら、
かなり、怖い。

眼鏡がなくても、よく見てみると、たまに、わかることがある。
そのかたちを隠そうとして、無理をしている人。

毒を隠すのも、見せるのも要は、バランス。
ちょこっとの毒が見えるくらいの方が、人間ぽくて、良いのでは。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-27 23:34 | 日記 | Comments(0)

たったひとつの恋。

今年の秋は、テレビドラマは控えて、
その分、本を読もうと思っていた。

けど、たまたま、第1話を観てしまった…。

「たったひとつの恋」

毎回、休まず観ているわけではないのだけれど、
ビデオに取ってまでは、観てはいないのだけれど、
家に居ると、ついつい観てしまう。

そして、毎回、胸がキュンとなる。
そう、このドラマ、懐かしいのです。
舞台は、横浜。
ヒロインは、スタージュエリーの社長の娘という設定。
スタージュエリーって名前がそのまま使われているなんて、
今年のクリスマスは、売り上げのびるのでは?なんて事も思いながら、観つつ。

何が懐かしいかって、たぶん、誰もが、一度は、
こんな恋愛しているであろう、
タイトル通りたったひとつの恋のおはなしなんです。
根拠もなく、なぜか、この人でなくてはだめ!なんて、思って突っ走る、
気持ち良いくらいに純粋な恋のお話し。

私にとっての、たったひとつの恋は、ドラマと同じく、
舞台が横浜だったから、なおの事、感情移入しちゃってね。
スタージュエリーかぁ、懐かしいなぁ…。なんて、
後振り返ちゃってます。

さすが、北川悦史子さんだわ。

何才になっても、こんな風に、人を好きになれたら、幸せな事だなと思う。
でも、もしかしたら、誰にでもあるわけじゃないとしたら、
たったひとつの恋は、いっこあっただけで、幸せな事ですね。
うん、そうだ。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-25 23:58 | 日記 | Comments(0)

冬支度…。

これは、もみの木だろうか?

もみの木なのかなぁ…。

そんな木が、庭に植えてある。

今年は、その木に手作りのオーナメントをつるしてみようっと。

さぁ、楽しみだ。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-23 11:07 | 日記 | Comments(0)

実は…。


ここ数日、悩んでいる事があります。

なづなの避妊手術の事。

7月に生まれた彼女は、12月か、1月には、手術を受ける事が出来ます。

男の子なら、迷わずに、去勢手術をしたと思う。

だけど、なづなは、女の子。

彼女の本能では、出産する事が、あたりまえのことなのでは?

人間社会のなかで生きて行かなくてはいけないから、

手術をするのが、最も良い事。

本当にそうなのかな?

もしも、

もしも、私が、彼女の生んだ子供を責任もって育てれば、

良いのでは?

そこまでは、責任もてても、

その子供は、すべて、手術しないといけないだろう、たぶん。

どちらにせよ、人間のエゴなのか?

でも、このまま、一回も出産させないで、避妊手術をする事に、

かなり抵抗を覚える。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-20 23:18 | 日記 | Comments(0)

生きて行く知恵とは?

仕事場は、それぞれに立場が違う人が集まっている。

媚びをうらなくても良いと思うけど、

相手のプライドは、尊重しなくてはいけないと思う。

人をおとしいれず、悪口は言わない。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-19 23:58 | 日記 | Comments(0)

感謝のコトバ。


口がへの字になっている人。

眉間にしわが寄っている人。

は、きっと…、
今日一日、誰かにありがとうって、
感謝のコトバをかけられなかったのだと思う。

そんな顔をしてたら、幸せが逃げちゃうよ。
なんて言ったら、逆効果。
今日も一日がんばったね。
ありがとうって、伝えたら、きっと、少しは、笑顔になるはず。

自分でも、気をつけなくてはいけません。
眉間OK?口角、上がってるかな?

何かしてもらって、あたりまえと思ってはいけない。
感謝の気持ちとありがとう。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-18 15:45 | 日記 | Comments(0)

スゴイナ。

わっ!
Char
かっこ良い。

年齢は関係ないのね。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-17 23:55 | 日記 | Comments(0)

いつ以来?

いつ以来だろう?

朝起きる時に、「仕事に行きたくない」と思ったのは。

新しい現場は、発展途上なところと言ってよい。
同じ質問をしても、返ってくる答が違う。
それぞれが、曖昧に解釈しているよう。

何でもありで、
間違いがないなら、それでも良い。
でも、最低限のNGがあるのなら、わかっていたい。
自分がわからないことが、わからないままに、
仕事をするってのは、恐すぎる。

基本がなければ、応用なんてない。

感覚でやって良いのは、感性を発揮しても良い部分。

早く感性を出したいから、
早く基本的な事をクリアしたいのです。

そんな事を思っていたら、出かける時間。

今日も、あきらめず、答を聞いてみよう。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

今日のゲストは、HAWAII 出身の大きな方?!
お会いするのは、2度目だけれど、
きちんとお話しするのは、今日が初めて…。

私のレーダーは、知名度は、あまり反応しない。
まわりのみんなが、凄い人だと言っても、
話しを聞いてみないとわからない。
で、今日、お話しを聞いて…。

ハワイアンスピリットを感じた。

今日出会えたのには、意味がある。たぶん。

彼いわく、日本人は、真面目すぎる。
エンジョイ!

楽しかったよ。と言って帰っていった。

そう、楽しまなければ。

笑顔。笑顔。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

仕事終わって、腹ぺこで帰宅。

11時すぎていたけど、すぐに何か食べたかったけど、

冷蔵庫の中にあるもので、料理開始。
ご飯炊いて、大根のお味噌汁作って、
かぼちゃ煮て、
大根おろして、
サラダ作って、
あと、明太子と納豆。

食べた時間を除けば、身体に良いメニュー。
ご飯2膳も食べちゃった。

湯船浸かってから、就寝。
[PR]
by chi_kura | 2006-11-16 22:18 | 日記 | Comments(1)

素晴らしき buchaiku な日々。