1月8日(土)、晴れ。

今日は、一日中、部屋で過ごしている。
部屋の片付けをして、コーヒー入れて、一息。
洗濯ものたたんで、湯船にゆっくりつかって、一息。
ご飯作って、食べて、また一息。
典型的な休日の過ごし方のようだけれど、
これはすべて現実逃避。なぜならば、仕事をしなくてはいけないのに、
なかなか、気分が乗らなくて、始められない結果の行動がこれなのです。
今年は、早め早めに仕事をしようと思ったのだけれど、
時間があるとだめとです。夏休みの宿題は最後までとっておいたタイプとです。
でも、現実逃避もここまでとです。
明日の日曜日は、絶対に完全OFFにするために、今日中に仕事を終わらせます。
[PR]
# by CHI_KURA | 2005-01-08 20:49 | 日記 | Comments(0)

バリ土産。

お正月バリで結婚式をした新妻からお土産もらっちゃいました。
ありがとう。そして、おめでとう。良い家庭をつくってね。

c0020478_13272124.jpg

[PR]
# by CHI_KURA | 2005-01-08 13:27 | 日記 | Comments(0)

天才かも。

知人の結婚祝いに添えるカードを手作りしました。
左上は、夫婦のコミュニケーションがテーマ。
右下は、まあるい家庭。
ふふふ。
このカード見たらひくかな。
c0020478_23121955.jpg

[PR]
# by chi_kura | 2005-01-06 23:25 | お弁当 | Comments(0)

最近、気になる人。

銅版画家の山本容子さん。
なぜだか、最近、やけに気になるのです。

数年前に、女性雑誌をパラパラと見ていたら、
とても魅力的な女性を見つけた。
アトリエで、笑って立っている女性の写真。
その女性の印象は、おしゃれも好きで、女である事も忘れたくないけど
私が一番やりたい事は、作品を作ることなのという感じだった。
なぜだか、わからないけど、その1枚の写真で、私はそこまで想像してしまった。
彼女の作品も観た事ないのに。

その後、吉本ばななの「TUGUMI」の装丁を手がけた人が、
数年前の魅力的な女性と同一人物である事を知った。
「TUGUMI」の表紙は、山本さんの作品であると知る前から
かなり好きなものだったので、
そのふたつが結びついた時は嬉しかったのを憶えている。

最近、山本容子さんの半生を綴った「マイ・ストーリー」を読んだ。
私の山本容子の第一印象はかなり当たっていたようだ。
(作品を作るのが第一で、でも女を捨てない。)
そして、なぜ、山本容子さんが気になって仕方がないのかもわかった。
それは、スタイルのある女性だからでした。

私は、幼い頃から、絵を書くのが好きで、高校ではデザインを勉強し、
その後も、セツモードセミナーに通った。
世代は違うけれど、共通点がいくつかあって、
さらに山本容子さんに興味がわいた。
人の人生を生きる事は出来ないし、まねてみても仕方がない。
だけど、あこがれの女性像というのは、居ても良いと思う。
私があこがれる女性像は、スタイルがある人。
ということで、
2005年は、自分のスタイルを認識して、やわらか〜く確立できたら良いなぁ。
[PR]
# by chi_kura | 2005-01-05 14:45 | お弁当 | Comments(0)

仕事始め。

2005年の初仕事。無事終了。
元旦からひいた風邪がまだ治らず、仕事終了と同時に
鼻声倍増。
日記に書きたい事はわんさかあるのに、
はだびず(鼻水)とあだまがぼう〜としてて
やっぱり、だめだぁ〜。
今日も早寝じまず。
今日中に治してみぜる。
[PR]
# by chi_kura | 2005-01-04 19:45 | 日記 | Comments(0)

毎年恒例の江ノ島神社の初詣に行ったら、見事に風邪をひいてしまい、
1日から寝込んでしまいました。とほほ。
昨年は、一度も風邪ひかなかったのに…。残念。
初夢は、『明日のゲストが決まらない、どうしょう。誰かいないかしら?』と
探しまわっている夢で、これもまた、とほほ。
でも、これは、今年1年、気をひきしめていきなさい、そうすれば HAPPYになる
という事なのかもしれないと前向きに解釈。
おみくじで「末吉」ひいても、これは、良い事の前ぶれだわと喜ぶ私。
今年もこんな感じで前向きに行こう!!


最近のお気に入り。
鳥のマークの缶入りオリーブオイルです。
c0020478_1421584.jpg

[PR]
# by chi_kura | 2005-01-03 00:24 | Comments(0)

2004年。

2004年、今年もたくさんの人に出会った。
そして、たくさんのステージを観た。

Terry Callier
ロミオとジュリエット
UMOJA
Michael Franks
ZAP MAMA
日野皓正
東京スカパラダイスオーケストラ
ケイソン
B.Fのライブ などなど。

生のステージは、いつも、何かしらの刺激をくれる。
コミュニケーションの大切さを教えてくれる。
そこにしか存在しない空気、空間を感じる事が出来る。
ステージに立つものと観るものが共犯者となって
ひとつの作品がつくられていく瞬間がたまらなく好きだ。
来年も、そんな瞬間にたくさん立ち会いたい。
[PR]
# by chi_kura | 2004-12-31 23:17 | Comments(0)

ナガイさんって?

先日、電車の中での事。

ほろ酔い気分のサラリーマン(たぶん50代)二人が乗ってきて
座席に座っている私の前のつり革にゆらゆらゆれながらつかまった。
すると、おじさんAが、
「ナガイさんの感性は、僕は理解出来るんですよ。」
おじさんB
「ナガイさんは、あなたのこと褒めてたよ。」
その言葉を聞いて、少し嬉しそうなおじさんA。
(多分、ナガイさんはAの上司だな。)
「でも、僕一番怒られていましたよ。それに。」と言葉を続けようとしたところ、
Bが遮った。
「あの人は立派な人だよ。」
(えっ。Aさんの言った事の返しはないのか?)
再び、Aがナガイさんと自分の事を話そうと口をあけると。
「え〜っと、でも」
(何をしどろもどろになってるの。早く話さないとまた、Bにさえぎられるぞ!!)
案の定、Bはおかまいなしに、
「ナガイさんは立派な人だよ。あんな人はいないよ。」
(それはさっきも聞いたよ。どんなところが立派なのよ。)
今度こそ、Aが、意見を言おうと、深呼吸してから言葉を発した。
(がんばれ!A!)
「でも、ナガイさんは、やり方が、ねぇ。」
(感性が理解出来るなんて言っておいて、やり方に文句を言うなんて、本当は理解なんてしてないのかな?)
「バランスなんだよな。それがとれれば、いいんだよ。厳しい人だけど。
立派な人だよ。」

やっと、会話がかみあってきた時、ナガイさんと一緒に仕事をしている
AさんとBさんは、電車を降りて行った。

う〜、気になる。ナガイさんてどんなところが立派なの〜。
[PR]
# by chi_kura | 2004-12-29 23:59 | 想像 | Comments(0)

初雪。

朝起きたら、雪が降っていた。
都心では、今年最初の雪。
雪を見て素直に喜べないのは、今年各地で起きた災害のせいかもしれない。
中越の被災地で寒い思いをしている人がいるかと思うとせつない。

「神様、自然の事、地球環境の事、もっとちゃんと考えて生活します。
だから、これ以上は…。お願いします。」なんて事を思った。

吹雪ではないのだけれど、早い速度でしゃかしゃかと降る雪。
そんな、しゃかしゃかと降る雪をしばらく見ていたら、
以前、番組にゲストに来て下さった、Ryuさんが教えてくれた事を思い出した。
韓国では、初雪が降ると、大切な人に連絡をし、一緒に過ごすのだそう。
降った瞬間は、携帯が通じなくなる事もあるとか。
「初雪の日、韓国の恋人達はロマンティックな時間を過ごすんです。」
そう照れくさそうに話してくれたRyuさん。素敵な方だったなぁ。

さて、初雪の今日どうやって過ごそうかな?
大切な人は、何をして過ごすのかな?
新潟のおばあちゃんは元気にしてるかな?
[PR]
# by chi_kura | 2004-12-29 18:28 | 日記 | Comments(0)

旅に出ます。

私、この度、旅にでます。
自分に大切なもの、必要なものを確認するための旅です。

海外に行けたら良かったんだけど、仕事休みたくないし、
観光してしまったら、なんだか違うような気がしてね。
だから、ちかばに旅に出ます。

1ヶ月間、自分だけの為に時間を使って、
自分の心の中を覗くのです。

まあ、なんてめんどくさい事でしょう。
でも、ここでこの作業をしておかないとさ。前に進めないのよ。

って事で、日記も公開する事にしました。

 buchaikuな日々だけど、愛するに値する出来事の記録です。

「Buchaiku Diary」はじまりはじまり〜。c0020478_15563971.jpg
[PR]
# by chi_kura | 2004-12-28 03:31 | 日記 | Comments(0)

素晴らしき buchaiku な日々。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30