ミッション。

寂しさや、不安から来る、行動や、言動を
すべて、やめる。

最初は、うっ!ってなるけど、

ひとつずつやめると、楽になってくる。



[PR]
# by chi_kura | 2016-10-13 15:55 | Comments(0)

ごめん。

首を突っ込み、踏み込み過ぎた。
そっとしておかなきゃいけないのに。
ごめん。

私が不安だったんだ。


そして、1年前のメールを読み返してみた。
あなたの言葉を、そのままの意味で受け止められてなかったのかも。
行動も。
すきすきだいすきで、向かっていたから、
ちょっとそっけないと、過剰に落ち込み。
そんなことではなかったんだ。
私がそうしてしまったんだね。

ごめん。不安が心の底にあったんだね。

今から、その不安を取り除き
そのままの言葉を受け止めるように。

すると


決めた。


[PR]
# by chi_kura | 2016-10-13 00:24 | Comments(0)

途方にくれる。。

信頼して、手を出してごらん。
君を傷つけたりしないから。
何も奪ったりしないから。
信頼して、手を出してごらん。

攻撃なんてしなくて良いから。
君に、優しさしか、むかってないから。
余裕がなくて、負の感情が、いっぱいになってしまっても。
一番近くで、手を差し伸べている人が、理解してくれないと、嘆かないで。
分かってもらいたいからと言って、嘆かないで。
分かっているから、そこにいるのだから。

手を出してごらん。

差し出した手を持て余し
途方にくれる自分がいる。



[PR]
# by chi_kura | 2016-09-27 04:00 | Comments(0)

わるいくせ。

だいぶ、大前提を良い方に持ってきて。
悪いことの証拠探しはやめて、良いことの証拠探しにしようと
思ってたのに。
あ〜怖い。私ったら、悪いことの証拠探ししてた。
そして、もう少しで、ドツボにはまるとこだった。
怖い怖い。この心の癖、なおさないと。
ハッピーになんてなれないわ。

よかった、勘違いに気がついて。汗。

[PR]
# by chi_kura | 2016-08-27 02:25 | Comments(0)

理由なんてないのだ。

なんで、そんなに好きなの?

なんでだろう。


理由なんてないんだよね。

出会った時から、

なんでか、好きなんだよね。


そばにいたいって、おもうんだよね。


なんでなんだろうね。


理由なんてないんだよね。


[PR]
# by chi_kura | 2016-08-05 14:43 | Comments(0)

次のステージへ!

さぁ、行こう!
次のステージへ。

何もかも、今からスタートだと言われたら、
あなたなら何をする?

出来ない理由を作ってるのも自分、
やらない理由を作ってるのも自分。

そして、やる理由なんて、いらない。

おもいのままに。
自分のまま。ありのまま。

いろんな事ジャッジせず。

大切なものさえ、わかっていれば、
それで良い。




[PR]
# by chi_kura | 2016-08-02 13:06 | Comments(0)

満月の夜に。

はらをくくり、いきることをきめる。
もう、むげんのあいでつつんでやる。

[PR]
# by chi_kura | 2016-07-20 03:31 | Comments(0)

Fairy tale

もともと、ひとつの存在だったから、
ひとつになろうとする。

記憶が残ってる方が、先に好きになり、
記憶が残ってない方が、気がつかず、
通り過ぎる。
潜在意識の中。泳いでるように。

引き寄せられるのは、遠い記憶があるからでしょうか。。



[PR]
# by chi_kura | 2016-07-01 23:56 | Comments(0)

良いいちにち。

今日、たぶん、かなり、良いいちにち。
結果を気にせず、
勇気をだして、やってみたら、
なんだか、楽しかった。
結果は、どうであれ、
勇気をだして、やる。って行動に、○印つけられたから、すべて、大丈夫〜に着地した。
すごいぞ、わたし。
今日は、進歩の日。
おおげさだけど^_^


[PR]
# by chi_kura | 2016-06-27 00:50 | Comments(0)

たまたま、本屋さんで、見つけた1冊の本。
なぜか、引き寄せられて、読んでみて。
あっ、この本、あの人に、読んでもらいたい。
次に会った時に、紹介しよう。今のあの人にぴったりな本じゃないかしらと。。
当時、ほんのちょっと、息詰まりを感じているようだった友人に、この本を渡したくなりました。
で、その後、その友人と話をしていたら、なんと!?
私が、紹介したかった本の著者と、
すでに、出会っていて、仕事をしているとのこと。
もう、びっくり。
と同時に、必要だから、
すでに、出会っていたのかも?と。
どちらにせよ、良かったと思った出来事でした。
それから、どのくらいたったのか、覚えてないけど、、
私自身も、この方の著書が、気になり、数冊読んでいくうちに、
今度は、私が、この著者のお話を聞きたくなり、友人に、お願いして、昨年の5月に、ライブに連れて行ってもらう事に。
なんだか、たくさんの信者の中に、訳も分からず、入ってしまった感が、否めないまま、ライブ終了。友人が、ご挨拶する?って、言ってくれたのに、その時の私は、自分軸で考えて過ごしてなかったようで、遠慮し、いいよと言って断ってしまった。今、思えば、ここで、この著者にお会い出来ていたのに。それから、一年、
色々な事があり、いまだに、この著者の本を読み返してみたり、たまに、講義に行ってお話しを聞いたりしている。
で、はっと!今更ながらに、気がついた。
ステージにたって、心のありかたを
お話しし、時に、ギターをもち、歌を歌う。
この方、私、大好きだったみたい。
1年前、ご挨拶させてもらえば良かった〜。
ちょっと、後悔。
だからね。決めたの。
今年は、Say Hello するって(^o^)/
たぶん。良いタイミングで、出会えるような気がする。





[PR]
# by chi_kura | 2016-05-31 17:17 | Comments(0)

素晴らしき buchaiku な日々。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31