Buchaiku Diary buchaiku.exblog.jp

素晴らしき buchaiku な日々。


by chi_kura
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2015年 12月 29日 ( 1 )

無題

父の昔のバンド仲間が、亡くなったと
連絡が入った。
私が、幼い頃から、家族ぐるみで、
お付き合いがあり。
そのおじさんの娘とは、
姉妹のような間柄。
ある意味、親戚のような感じ。
その家族は、今は、新潟に住んでいて、
今年は、遊びに行けず、
おじさんの具合いが悪いのも知らなかった。
今年の初めに、ガンが見つかり、
手術したが、新たなガンが見つかり、
痛みと闘った壮絶な闘病生活だったそうだ。
12月25日亡くなり、
家族だけで、お葬式をし、
全て、終わらせてから、連絡があった。

年の瀬ということもあったのか、あえて、
まわりの人の事を考えて、家族葬にしたのだと思うのだけど。
私たち家族は、生きてる間に、連絡をして欲しかったと、、おもった。
知らされても、何も出来なかったと思うの
だけど。

今知らされて、何をどうしたら、良いのか。
お別れの儀式も出来ないまま。(これは、残された側のただのわがままな感情だと思うけど、、)

おじさんが、ちあきと
私の名前を呼ぶ声を思い出し。
もう、会えないのかと思うと、
寂しい。

人はみな、いつかは、亡くなる。
わかっているけど、
会えなくなるのは、さみしい。

死は、残されたものに、
生き方を見つめるメッセージのようなものを
与えるようです。

今回もまた。

おじちゃん、 ご冥福を祈ります。
ありがとう。


[PR]
by chi_kura | 2015-12-29 00:13