人気ブログランキング |

Buchaiku Diary buchaiku.exblog.jp

素晴らしき buchaiku な日々。


by chi_kura
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:お弁当( 5 )

幼稚園のお弁当☆

c0020478_1013411.jpg



今年の4月から、幼稚園に入園した息子。
色々と、書き記しておきたいハッピーな事や、
面白い出来事があったんだけど、
なかなか、落ち着いて、書く事ができませんでした(^_^;)

2学期は、少しは、時間とれるかな〜と、
がんばって、書く事にします♪
4日が、幼稚園の始業の日、
久々の幼稚園は、楽しく過ごせた様子(^ ^)
昨日は、大雨の為、お休みになり、
今日は、お弁当スタートの日。
久々の長い時間の幼稚園ライフ、楽しいと良いなぁ。

一学期にも、
お弁当の写真を撮りためておきたかったんだけど、
朝は、バタバタしてて、それどころじゃなかった
から、2学期から、お弁当写真も撮る事に(^ ^)
食べられる物を食べられる量だけ、入れる
幼稚園お弁当、
最初は、足りないと嫌だなぁと、かなり、きつきつに、
色どりも、考えていたんだけど…。
ちょっと、量が、多かったみたい⁈
二学期は、量少なめにしてみました。
それと、今日は、普段あまり、食べない
牛蒡と人参のきんびらを入れちゃいました。
息子君挑戦してくれると良いなぁ。
今までは、好きなものだけいれてたけど、
今日から、一品は、食べてもらいたいものも、
入れていこうと思います(^ ^)

さぁ、今日も、がんばりましょ\(^o^)/
iPhoneから送信
by chi_kura | 2013-09-06 10:01 | お弁当


10代の頃、毎日、絵を描いていました。

高校が、美術系のコースだったので、

毎日、課題に追われていました。



好きで描いていた絵も、描かなくてはいけない状況だと、

正直、きつい時もあったけど、

基本は、好きな事。

仕事としてではなく、ずっと、

絵は、描き続けようと思っていました。




高校卒業後、何年かして、セツ・モード・セミナーに通いました。

絵の寺子屋のような学校。

裸のモデルさんを囲んでのデッサン。




学校では、課題があって、描いていた絵。


そう言えば、課題がなくなってから、時間をかけて描く絵を、

描いてないなぁ…。

と、思い。

昨日から、また、絵を描き始めました。

自分が、自分に課題を与えて、描き始めました。


久々に、時間を忘れて、描いちゃいました。



☆名物学校長のセツ先生は、もういないけど、
 面白い学校です。
 セツ・モード・セミナー http://www.setsu-mode.com/
by chi_kura | 2005-06-02 22:02 | お弁当

先日、写真美術館に行ってきました。

10周年特別企画展「東京都写真美術館コレクション展」。

誕生 発明された第三の視覚。

世界で初めて、一般化された写真方式で撮った写真を
見る事が出来ました。

実際の景色や、人が、そのまま映し出されたものを
初めて見せられた人の驚きを想像すると、面白い。

芸術的というのとは、違う。写し出される事の驚き。

昔、写真に撮られると魂をすいとられると言っていた人がいる
というのも頷ける。


帰りに
ミュージアムショップで買ったオードリーと蜷川さんのポストカード。
(今回の展示物とは無関係ですが…。)

c0020478_10503550.jpg


憧れの女性。
この人を見ていると、女性は、何才になっても、
美を意識しなくてはいけないなぁって思います。

c0020478_1053489.jpg

by chi_kura | 2005-05-23 10:49 | お弁当

天才かも。

知人の結婚祝いに添えるカードを手作りしました。
左上は、夫婦のコミュニケーションがテーマ。
右下は、まあるい家庭。
ふふふ。
このカード見たらひくかな。
c0020478_23121955.jpg

by chi_kura | 2005-01-06 23:25 | お弁当

最近、気になる人。

銅版画家の山本容子さん。
なぜだか、最近、やけに気になるのです。

数年前に、女性雑誌をパラパラと見ていたら、
とても魅力的な女性を見つけた。
アトリエで、笑って立っている女性の写真。
その女性の印象は、おしゃれも好きで、女である事も忘れたくないけど
私が一番やりたい事は、作品を作ることなのという感じだった。
なぜだか、わからないけど、その1枚の写真で、私はそこまで想像してしまった。
彼女の作品も観た事ないのに。

その後、吉本ばななの「TUGUMI」の装丁を手がけた人が、
数年前の魅力的な女性と同一人物である事を知った。
「TUGUMI」の表紙は、山本さんの作品であると知る前から
かなり好きなものだったので、
そのふたつが結びついた時は嬉しかったのを憶えている。

最近、山本容子さんの半生を綴った「マイ・ストーリー」を読んだ。
私の山本容子の第一印象はかなり当たっていたようだ。
(作品を作るのが第一で、でも女を捨てない。)
そして、なぜ、山本容子さんが気になって仕方がないのかもわかった。
それは、スタイルのある女性だからでした。

私は、幼い頃から、絵を書くのが好きで、高校ではデザインを勉強し、
その後も、セツモードセミナーに通った。
世代は違うけれど、共通点がいくつかあって、
さらに山本容子さんに興味がわいた。
人の人生を生きる事は出来ないし、まねてみても仕方がない。
だけど、あこがれの女性像というのは、居ても良いと思う。
私があこがれる女性像は、スタイルがある人。
ということで、
2005年は、自分のスタイルを認識して、やわらか〜く確立できたら良いなぁ。
by chi_kura | 2005-01-05 14:45 | お弁当